書評

書評の記事がメインです。

【書評】唯脳論[ヒトが人である所以]

【書評】唯脳論[ヒトが人である所以]

どうもタスです。 本書は、解剖学的知見から「ヒトの活動を、脳と呼ばれる器官の法則性という観点から、全般的に眺めようとする立場を、唯脳論と呼ぼう。」とする一種の学問ともいうべき理論を提唱している。本書を読むにあたり、いずれ…

続きを読む

【書評】新書がベスト[新書のための親書本]

【書評】新書がベスト[新書のための親書本]

どうもタスです。 ついに読めるときが来た。なぜかは自分でも分からないが今まで読むのを我慢していた新書。それが「新書がベスト 10冊で思考が、100冊で生き方が変わる(ベスト新書)」である。新書は私も好きで、ジャケ買い(タ…

続きを読む

【書評】経済物理学の発見[物理法則で経済を暴く]

【書評】経済物理学の発見[物理法則で経済を暴く]

どうもタスです。 経済に関する本を読んでいると「需要と供給が均衡して安定する」というような基本中の基本的な内容が至る所に書かれている。確かに、考えれば至極当たり前のことのように思えるが、経済界に物理学が乗り込んできたとあ…

続きを読む