エッセイ・随筆

【書評】アホの壁[アホ万歳]

【書評】アホの壁[アホ万歳]

どうもタスです。 筒井康隆氏は読書をしていればいずれ耳にする名前である。そのくらい有名作家であり、いずれ作品を読んでみたいと思っていた人だった。今回、著者の大変面白い(ここで言うのは興味深いではなく、笑える方)本を読んだ…

続きを読む

【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]

【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]

どうもタスです。 こんなにエッセイしたエッセイを手に取ったのは久し振りだ。本書は、早稲田にある古書店「古書現世」の店主である著者が書き下ろしたエッセイである。 著者の見た目からは思いもよらない文章タッチが読者を襲う(失言…

続きを読む