継続するために必要なたった一つの心構え

継続するために必要なたった一つの心構え

今回は、PRESIDENT Onlineの記事、『脳科学者「走ると記憶が整理されていく」』を読んで、継続することについて思ったことを書きたいと思います。

著者は、なにかとメディアを騒がせる茂木健一郎さん。
茂木さんは、脳科学者だということはもちろんのこと、「プロフェッショナル 仕事の流儀」でパーソナリティをされていることでも有名かと思います。
あとは、たまにワイドナショーに出ていますよね(笑)

そんな茂木さんが、日課のランニングとそれによる費用対効果について独自の見解をざっくばらんに語っております。

 

習慣化することの重要性

習慣化することの重要性

茂木さんは、毎日10キロ走られているようですが、10キロは凄いですね。しかも、身支度と合わせても計1時間で走るんだそうです。
10キロを1時間かからないで走るのは、結構な走行速度なのではないでしょうか。
むしろ、そもそも10キロを走るのですら大変ですよね。

茂木さんは、

走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、さまざまな記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある

と言われています。

 

僕も一時期、週に1・2度、1回のランニングでだいたい6~10キロくらい走るようにしていたことがありました。

淡々と自分のペースを維持しながら、自分の呼吸をリズムにしてひたすら進むことをずーっと行うことで、無になれるんですよね。
そうすると、頭の中が空白になり、そして色々なことから解放されるようで気持ち良いんですよね。

ランニングによって気分がリフレッシュして、しかも走ったことによる達成感も相まって気分が高揚するんです。
走って「気持ち良かった!」って思えるのはこういうことなのかなって思っています。

でも、そういう自分にとって良いことだと思えることでも、自らに習慣付けを課すことって大変なことなんですよね。
僕は今ではランニングしていませんし…(笑)
久し振りに再開しようかな。。。

なんで止めたかというと、1回休んでしまったら、その次も休んでしまい、、、
その後、復活して1回走ったとしても、また次の機会は腰が重くなって。。。
徐々に回数が減って、走らなくなってしまったんですね。

これは僕だけではないはず。たぶん。
走ったら健康的になるのになーとか気分転換するのになーって思っていても、その気持ちに反して続かないんですよね。

機会損失と習慣付けを考える

機会損失と習慣付けを考える

茂木さんはこの記事で、

毎日それだけの時間をとられるのである。走らなければできたかもしれないことができないという「機会費用」も生じる。

と言われています。

 

習慣化することで、毎日まとまった時間を消費することによる機会損失をどう捉えるか。
もし走らなかったらその1時間はどんなことに使えるか?というコスト面と、1時間を費やしてまでも走ったことによるベネフィット面を比較し、「実施した時間は有効だったの?」ということを考えているのです。

継続するだけでも大変なのに機会損失についても考えちゃっている訳で、なおさら重い腰が上がらなそう…
って感じました。

 

ただ、ここで思ったのは、僕はなんだかんだブログ運営が1か月は続いている。
なんでだろう…?

と思ったのですが、その理由は何となく自分では分かっています。
それは何かというと、「他の要因なんかでブレない強烈な動機」を持っているからです。

 

継続するためには強烈な動機を持つこと

継続するためには強烈な動機を持つこと

勉強に時間使った方が良かったかなー、楽しそうだったからあのお誘いに付き合えばよかったかなーとか、機会損失を考える暇もないくらい、そんなことではブレない動機を持つこと。

これを持っていれば継続することはさほど難しくないですし、機会損失についても考えることはないです。
なにも、始める前から動機を明確に持つ必要はなく、片足突っ込んでみてから明確になってくる動機もあるので、あまり深く考えずにとりあえずやってみることも重要です。

 

そんな僕のブログ運営についての動機は、

1.ブログ運営を通して、自分を発信する訓練をする
  ・情報を取捨選択し、必要な情報をインプットする訓練を行う
  ・自分の頭の中を整理する訓練を行う
  ・自分の思考をアウトプットする訓練を行う
 これを行うことで思考する力が付くので、結果、自分自身のパフォーマンスも上がると思っています(仕事に対してもそうです)。

2.自分の武器を増やす
 読書を行う、文章を書く、アンテナを張って何事にも興味を持つなど、ブログ運営をする上で高めたい技術がある。

3.収益化を図る
 自己研鑽を行いつつ収益が得られれることほど素晴らしいことはないなと感じています。
 やればやっただけ成果が出れば、やる気も出るしモチベーションも上がるかなーと思っています(まだ何も手を付けていないですが…)。

 

こんな動機を持ちながら日々継続し、機会損失も考えることなく自分のペースで取り組んでおります。

他のブロガーの方のブログを見ると、文章が上手かったり、内容が面白かったり、サイトデザインがキレイだったりして、素晴らしいなーっていつも感動しています。
そして、そう思う度に僕もがんばろーってモチベーションになるのです。

そうなると、もうプラスのことしか頭に浮かびません。超プラス思考になってしまいます。

だって、数年続けた挙句、1.~3.すべて上手くいかないかもしれません。
でも、正直、そんなこと一切考えていません。
未来では上手く行っているとしか信じていないので。あれっ…、俺ヤバイかな…?(笑)

 

まとめ

とにかく、どんな形であれ「強烈な動機」を持つことで、常にそれがモチベーションになり、結果的に継続できますし、継続することによるデメリットを考えることもなくなるのではないかと感じています。

茂木さんの記事の内容とはだいぶ逸れてしまいましたが、僕が思ったことをまとめました。
では、この辺で。

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

タスlife