「おしゃれな女性」を見る目があった件について

「おしゃれな女性」を見る目があった件について

どうもタスです。

先日、こんな記事を見ました。

「おしゃれ女性」がたくさん乗る路線ベスト10 「パリピ女子」遭遇率が高い路線といえば…

というよりかは、見る前に僕の経験上、おしゃれな女性が乗っている路線と言えば2つの路線は確定だなーと考えていたら…

見事当たりました(笑)

しかも、1・2位を当てました。

 

第2位 日比谷線

日比谷線は、北千住から中目黒まで運行する東京メトロです。

 

日比谷線の通勤ラッシュは激混み

僕は前職が中央区に会社を構えていて、住まいは足立区だったので、東武伊勢崎線から東京メトロ日比谷線に乗り入れる形で通勤していました。

当時は、今考えても恐ろしいくらい混雑していて、片足が浮くというのを経験した最初で最後の電車でした。

混んでいたのは、日比谷線もそうですが、特に酷かったのは東武伊勢崎線でしたね。

電車の出入り口は人でギュウギュウで、駅員さんが押し込んでやっとドアが閉まるくらい。

そんなギュウギュウの中に、ホームをダッシュでかけてタックルするように乗り込んでいる男性を見た時は、東京の怖さを目の当たりにしたように感じました。。

んな無理して乗り込まなくても。。。

その東武伊勢崎線の乗り入れ組がそのまま日比谷線に乗るので、日比谷線も毎日激混みでした。

 

「東銀座」以降はおしゃれな女性が多い

僕は、小伝馬町とか人形町で降りていたので、朝の通勤ラッシュの時間帯に銀座や六本木、恵比寿などまで行くことはありませんでした。

行くとしたら、夕方の遊びに行く時間帯です。

ほんと、ビックリするのですが、周りの乗客を見て「銀座から中目黒」区間に入っているのが分かるくらい、急におしゃれできれいな女性が多くなります。

これは何度乗っても実感しました。

記事にも載っているとおり、銀座、六本木、恵比寿、中目黒はお洒落で遊べる街ですもんね。

特に感じたのは、スーツやオフィスカジュアルな恰好をきれいに着こなしている女性が多いなと感じました。

 

さらに、女性もさることながら、男性もおしゃれな人が多いなと感じましたよ。

男性もスーツをビシッと着こなしている人が多く、自分も大変参考になりました。

特にビジネスマンは、一度乗ってみてはいかがでしょうか。

 

第1位 東急東横線

東急東横線は、渋谷駅から横浜駅まで運行する東急線です。

 

路線駅が有名な駅ばかり

渋谷、代官山、中目黒、自由が丘、田園調布、武蔵小杉、横浜。

超が付くほど有名な駅ばかりですよね。

そして、セレブチックなんですよね。

 

年齢、性別にかかわらずおしゃれな人が多い

この路線は、超有名でおしゃれな街が多くで、しかもセレブ感まで漂っているため、年齢や性別にかかわらずおしゃれな人が多い!

若い人はファッションが参考になるし、年配の方は気品があって若々しさがあるので、ちょっと他路線とは一線を画すような雰囲気があります。

もちろん、すべての駅間や時間帯でそうだとは言えないのですが、僕が乗った感想はほとんどこの通りですね。

女性はおしゃれできれいな人が多いなと感じましたよ。

そもそも、おしゃれに気を使ったり気品があったりする人だと、それだけ普段から気を付けていると思うので、あまり格好悪くは見えないですもんね。

 

東横線の中でも代官山は、他の駅と雰囲気が違っていて、「おしゃれ」って感じがします。

おしゃれにも色々あると思うのですが、代官山はスタイリッシュです(他に好きなおしゃれな街として「下北沢」も良いですよ!ただし、代官山とは全然雰囲気が違います)。

歩いていて気持ちが良いし、お店を色々回るだけで気分転換になる街です。

一度行ってみはいかがでしょうか。

 

まとめ

「おしゃれな女性」に惹かれて、ついつい見てしまった記事ですが、まさか自分が1・2位を当てれるとは思っても見ませんでした。

おしゃれを見る目があったのか…、なんてちょっと嬉しいです(笑)

 

そもそも乗っている路線が少ないんじゃない?とお思いの方もいると思いますが、僕は結構引っ越ししているので、色々な路線に乗っています。

東京、埼玉、神奈川と1都2県に住みましたし、仕事やプライベートでも色々な路線を使ってますからね。

 

男女関係なく、おしゃれな人を見ると気分が良いですよね。

僕もそういう服着こなしてみたいなーとか、ちょっとおしゃれなカフェ行ってみようかなとか。

 

子供がいると、なかなか行動範囲が限定されてきますが、当時を思い出して、たまには気分転換に足を延ばしておしゃれな街に行こうかなー。

なんて思いながら締めさせて頂きます。

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife