朝の早起きが苦にならない!簡単に100%達成できる3つの手順

朝の早起きが苦にならない!簡単に100%達成できる3つの手順

どうも、朝早く起きて主にブログ更新・読書などの朝活を行っているタスです。

とカッコいいことを言っておりますが、実は、朝起きることが大の苦手でした。。。

学生のときはいつも朝は遅刻ギリギリ…

とにかく寝ていたいし、あと5分、あと5分って言って、結局「もうこんな時間か!」って飛び起きるパターンでした。。

そんな僕が朝早く起きて朝活ができるようになったのは、これから話す3つの手順を踏んだからです。

そこで今回は、「朝の早起きが苦にならず簡単に100%達成できる3つの手順」について書きたいと思います。

なんかタイトル詰め込みすぎたかな…

 

早く起きて何がしたいのかを明確にする

朝の早起きが苦にならない!簡単に100%達成できる3つの手順

目的が明確でなければ朝起きることを実現できません。

先ずは気持ちです。

気合いを入れることで8割くらいは救われます(笑)

ただし、気合いの気持ちの中には、「○○をするために早く起きる」ことに気合を入れて下さい。

 

なので、「とにかく俺は早く起きる!気合いだ!」なんて思っていても実現できません。

朝、目が覚めても「明日からやろう…」なんてすぐ負け試合をしてしまいます。

決して、気持ちから入ることは止めて下さい。

当時の僕は、気持ちだけをもって早起きに挑戦していましたが、連戦連敗でした…(+_+)

朝の早起きは強すぎるんですよね…!

 

じゃぁ、どういう風に目的を明確にするのかは、

  • ブログ更新するために朝早く起きる!
  • 早朝ランニングで脂肪燃焼し、その結果痩せるために朝早く起きる!
  • 朝の頭がクリアな時に読書をするために朝早く起きる!
  • 朝の頭がスポンジ状態のときに勉強して、〇〇の資格を取るために朝早く起きる!

のように、具体的にしてください。

 

と言っても『「朝の良い点」 + 「その点を生かした活動」 + 「その活動による未来像」』を足した内容にすれば良いだけです。

 

このように、具体的に目的を立ててその結果どうなりたいかまでを考えたら、「おっ、頑張って起きてみようかな。」って思えないですか?

僕はほんと朝が苦手でしたけど、

  • 早朝の良い点(静か、頭がクリア、集中できる、明るい、一日の始まり…etc)
  • その良い点を生かした活動(勉強、運動、読書…etc)
  • その活動による未来像(俺はこうなる!みたいな)

のようなに具体的に考え出したら、逆に気合が入ったんですよね。

 

結局は、気持ちが先ではダメで、具体的に目的を明確にすることで逆に気持ちが入るってことが大事なんです。

なので、何がしたいのかを明確にすることが早起きに繋がります。

 

あと「5分したら…」を考える前に体を起こす

朝の早起きが苦にならない!簡単に100%達成できる3つの手順

目的が明確になって気持ちまで入ると、すでに8割方は朝起きれるようになっています。

とはいえ、初めは若干キツいんですよね。。。

なんでかというと、「朝起きに慣れていないから」なんです。。。(そのままですけどね…)

やったことないことを急にやるのって大変なんですよ。

 

特に、目が覚めた瞬間のあの睡魔との戦い!

これに負けるからいつも起きれないんですよね。

「あと5分したら起きよう…」これを何度思ったことか。そして、何度寝をしたことか。。。

そして、起床した後、何度後悔したことか。。。

 

そこで、嘘だと思ってこの方法を試してください。

目が覚めた瞬間、「何かを考える前に体を強制的に起こして」ください。

ポイントは、「何かを考える前に」です。

考えてしまっては負けます。「あと…」って思う間に、サッと体を起こしてください。

そして、何なら立ってしまいましょう。

 

これ、ビックリするくらい効果があります。

なぜかって、人間は体を起こすことで次の行動に向かおうとするからです。

この次の行動は、先ほどお話しした「朝起きるための目的」のことです。

 

ここで目的を明確にしたことが活きてくるんですね!

明確になってなければ、体を起こしたところで後ろにバタンと行っちゃって二度寝へまっしぐらですからね。。。

 

「朝起きるための目的」を達成するために目が覚めたんだから、それを手助けするように強制的に体を起こしましょう。

そうすることで、9割達成です!

 

アラームをかけた時間を意識しながら寝る

朝の早起きが苦にならない!簡単に100%達成できる3つの手順

これまでで朝起きれる確率が9割まで来たので、あと1割を満たせば確実に朝起きることできるようになります。

これも些細なことで簡単なことなのですが、就寝時に「アラームをかけた時間を意識しながら寝ること」です。

考えるだけでOKです!

簡単ですよね?

 

これは、例えば資格試験の試験日当日や就職活動の面接日とか、大事な日ってアラーム無しでも起きれることありませんか?

むしろ、アラームが鳴る少し前に目が覚めるとか。

あれ不思議ですよね?

アラームがかかる時間を予知したの?みたいな。

 

なぜそうなるかは分かりませんが、それを応用することで朝起きることが苦ではなくなります。

「明日は〇〇をするために〇時にアラームを掛けたから、その時間に起きるぞー。」「〇時だな」「〇時に目が覚めたら…」

って、思いながら寝て下さい。

 

これだけで毎日完璧に起きれるってことはないですが、前述の「朝起きるための目的」を明確にすることで確率がだいぶ上がります。

むしろ、「朝起きるための目的」が明確になっていれば、アラームの時間を意識しながら寝ることによる効果も倍増します。

あとは、目が覚めてしまえばこっちのもの。

「何かを考える前に体を強制的に起こして」朝起きれる確率は10割達成です!

そして、朝活をしましょー!

 

まとめ

今回は、「朝の早起きが苦にならず簡単に100%達成できる3つの手順」について書きました。

冒頭にも書きましたが、「朝起きるための目的」を明確にするだけで朝起きることはほとんど達成します。

難しく考えず、先ずは肩の力を抜いて目的を決めちゃってください。

そして、起きた後は文句言いながらでも良いので体を起こしてみて下さい(笑)

 

人間には得手不得手があると思いますが、目的とする行動は、その行動が有効だと思う時間帯に行うことが合理的で効率的ですよね。

それが夜なのであれば夜でもいいのかなって思っています。

僕はそれがたまたま朝で、その目的が明確だから朝活ができているってことなんだと思います。

 

結局は、そこが明確だから朝起きれているのだと思います。

なので、朝起きるのが苦手な人は、何度も言いますが先ずは「朝起きるための目的」を明確にすることですね!

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife