【メガネ】似合うフレームタイプを選ぶたった二つの方法

【メガネ】自分に似合うフレームタイプを選ぶたった二つの方法

メガネを買おうとするとき、最も悩むのは「どのタイプの眼鏡が自分に合っているか」だと思います。
例にもれず、僕もその一人です。

だって、眼鏡で第一印象が決まると言っても過言ではないでしょー。
顔の一部だし、印象操作したいですよね。

ということで、今回は、『僕の』顔に似合う眼鏡のタイプを調べたのでお伝えします。
あくまで『僕の』ですが、メガネの購入を検討されている方の参考になればと思います。

 

メガネを購入する理由

メガネを購入する理由

ついにメガネが壊れた!!
参ったー。
ずっとメガネをかけていると、今度はコンタクトするのがしんどくなりますね。
目にガッチリ引っ付く感じと、乾いてきたときの不快な感じがたまらないス…

あんなにコンタクト一筋だったのに…、半年間眼鏡をかけたら、今度はコンタクトが嫌になった。。。

 

自分に合う眼鏡って…?

自分に合う眼鏡って…?

ということで、メガネを買おう!
と思ったのですが、「自分に合う眼鏡が分からない」のです。

 

今かけている眼鏡は、もとはと言えば家でかける用に買った眼鏡なので、それほど合う合わないは考えていませんでした。
そういう意味で、今回購入する際は、自分に合う眼鏡を十分に選ぼう!と決めていました。

 

メガネを選定する手順

メガネを選定する手順

ということで、自分に合う眼鏡探しを始めましたが、これが意外や難しい。
条件が沢山あるし、そもそも自分ってどんな顔?っていうのを正直に真面目に考えないとならないんですよね。

ということで、自分に合う眼鏡を選ぶ手順をまとめてみました。

  1. 自分の顔の特徴を明確にする
  2. 顔の特徴から合うとされるメガネフレームの型を絞る
  3. フレームの素材や希望する色など、自分の好みを明確にする
  4. 2.と3.から、具体的にいくつかの眼鏡を選定する

 

こんな感じかと思います。
というか、この手順で僕はメガネを探しました!

 

自分の顔の特徴を明確にしよう

自分の顔の特徴を明確にしよう

これはどちらかというと悪いところを挙げた方が良い気がします。
それはなぜかというと、「悪いところを補うための眼鏡」という考え方でいると、メガネを選定しやすいからです。

例えば、僕は四角顔やベース顔といった分類になると自分で思っています。
(奥さんにエラ張ってるーって言われますからね…)

なので、どちらかというと顔が大きく感じます。
そういう意味で、メガネを選ぶポイントとしては、

  • 四角顔やベース顔に似合うメガネフレームを選ぶ
  • 小顔効果がある眼鏡を選ぶ

というのを意識すればいいのかなと。

 

特徴をもとにフレームタイプを決めよう

特徴をもとにフレームタイプを決めよう

メガネはフレームが命。その形によって、印象操作ができますよね。
ということで、自分の顔の特徴が明確になったところで、それをもとにフレームタイプを決めましょう!

 

顔の形に似合うフレームとは

結論から言うと、顔の形と真逆の形をしたフレームを選ぶのが基本らしいです。

丸顔であれば、キリッとした印象のある眼鏡。
面長顔であれば、大きなフレームの眼鏡。
三角顔であれば、丸いフレームの眼鏡。
四角顔であれば、優しい印象になる眼鏡。

ということで、僕は優しい印象になる丸みを帯びた眼鏡を探そう!
と決意しました。

 

JINSの「メガネの選び方」ページが大変分かり易い

以下は、JINSの「メガネの選び方」のページですが、これが大変分かり易かったので紹介します。
実際にページに行ってみると、もっと細かな情報が載っていますので、是非、勉強してみて下さい。

 

まずは丸顔。
キリッとした「スクエア」タイプがおススメですね。

JINSメガネの選び方

 

次は面長顔。
フレームが大きめな「ウエリントン」がおススメなようです。

JINSメガネの選び方

 

次は三角顔。
丸いフレームの「ボストン」がおススメです。

JINSメガネの選び方

 

そして、四角顔。
優しい印象の「オーバル」がおススメのようです。

JINSメガネの選び方

 

ということは、僕は「オーバル」タイプのフレームを探すのが良さそうですね。
あと、「リムレス」タイプはどの顔でも苦手な部類に入らず、オールラウンドなんですね。
ただし、フレームは欲しいなーって思うので、選考に入れませんでした。

あと、実は今回はお洒落な眼鏡もいいなーって思っていて、僕が独自にかけてみたい眼鏡も選考に入れようと思います。
それは、「ウエリントン」と「ボストン」です。

似合わない部類には入らないので、この三タイプでメガネを選定していきたいと思います。

 

「ウエリントン」は小顔効果がある

OmgPressというメガネスタイルマガジンで、「四角顔はメガネが似合う?輪郭を生かした個性派フレームからベーシックフレームまで幅広くご紹介!」という記事が。

それもあり、現時点での優先順位は、

  1. 「ウエリントン」
  2. 「オーバル」
  3. 「ボストン」

としました。
うん、決まった!僕も四角顔に自信を持ちます!

 

まとめ

自分の顔の特徴を明確にすると、メガネを選ぶ作業も一直線に決めることができますね!
まずは大枠が決まりましたが、これにフレームの色や素材、鼻パッドがあるかどうかなど、細かな好みを足してフレームを選ぶ作業に入っていきますね!

ちなみに、僕は鼻パッドは絶対欲しい派です!
ないとツルって下がるときがあるので嫌です。

鼻低いのかな(笑)

ということで、

  • 自分の顔の特徴を明確にする
  • 顔の特徴から合うとされるメガネフレームの型を絞る

ことで、自分に似合うメガネフレーズを探しましょう。
次回からは、具体的にメガネを選んでいきますー。

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

タスlife