自分を確立し信念をもって突き進むということの話し

自分を確立し信念をもって突き進むということの話し

昨今、ヤフーやメルカリ、サイバーエージェントは、採用者の報酬体系等を変更するというニュースがありました。

簡潔にいうと、「特定の領域に強みを持つ人材の獲得競争が広がっている」そうで、給与形態の見直しや留学・学習費用の補助、さらには採用時期の見直しまで行っているようです(大学2年生で内定とか!)。

 

今は転職は行って当たり前

今は転職は行って当たり前

僕らの父親世代は、「終身雇用制度」が当たり前で、どちらかというと転職等にはあまりいい顔をしない世代かと思います。

それが今では至る所で転職の広告を見ますし、事実、僕の周りでも転職者はとても多いです。

かくいう僕も転職しましたし。

 

企業も労働者も混迷の時代

企業も労働者も混迷の時代

大企業ですら経営が危うく、リストラだって発生する可能性は十分にあります。

それとは逆に、個人は企業の選択が自由で、力さえあれば選び放題ではないでしょうか。

そういう意味だと、企業も個人も常に流動的で、未来確定で安心なことなどないということかなと思います。

 

そうなると、企業は優秀な人材を欲しますし、個人は自分にとってより良い企業を探します。

当たり前のことですよね。

 

仕事をしているかどうか分からないオジサンが終身雇用制度のために高い給与を貰っていて、実質手足を動かしているのは若い世代。こんな話はごまんと聞きますものね。

 

力のある者は有利

力のある者は有利

人材の売り買いが激化すると、その先に待つのは就職格差社会ではないかなーと思います。

やっぱり力ある人は力を発揮したいですし、その力を認めてもらえるだけの待遇を期待するのは至極真っ当で、その力を欲しい企業は応えるだけの力があるかどうかの話し。

そういう意味で、今回のニュースのように新しい試みが行われているのでしょうね。

 

各企業のこの試みは斬新だとしても、個人を研鑽するということにおいては、目新しいことではなく、当時も今も常に精進している人はしていると思います。

このような形で騒がれてくると、なおさら自分は大丈夫か?って思ってしまいますよね。

常に変化が絶えず、その波に乗れなければ取り残されるかもしれない不安はあります。

しかし、僕はあることを続けるだけで、少なくとも不安には打ち勝てるようになれると思っています。

 

自分を確立し、信念をもって行動することが大事

自分を確立し、信念をもって行動することが大事

それは、自分を確立することです。自分というものを持って、それを磨き鍛えていくことです。

そうすることで、それ(自分)は世界で一つだけのオリジナルになれると思っています。

 

常に変化する世界と向き合うには、何がどう変わっているか情報収集することが大事ですし、収集した情報の何が重要なのかは自分で取捨選択する必要があります。

そうした結果、身につけるべき知識はとにかく学習するしかないと思います。

勉強しなければ取り残されることは間違いないと思います。

 

その結果、自己が確立され、自分を持てるのではないでしょうか。

やっぱり、自分を持つとか、自信を持つとかってなかなか難しいですよね。

それに裏付けある努力がなければなおさらです。

 

時代に流されず、自分をもち、信念をもって突き進める人になりたいなーと僕は思っています。

そのために、日々精進することを忘れず、情熱を持ち続けたいと思います。

 

参考

メルカリ内定時期から昇給、一律初任給廃止――内定者にも研修費用、新卒採用一気に増やす

ヤフー、技術者採用に初年度650万円提示 新卒も可

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife