【レビュー】キリン一番搾り

【レビュー】キリン一番搾り

第三回目のビールレビューです。
今回は、一番搾り麦汁だけで作るビール「キリン一番搾り」を紹介します。

 

キリン一番搾りの基本情報

原材料 麦芽、ポップ
アルコール分 5%
企業名 麒麟麦酒株式会社
エネルギー 40kcal
タンパク質 0.3~0.6g
脂質 0g
糖質 2.6g
食物繊維 0~0.2g
ナトリウム 0mg

キリン一番搾りは、1990年3月に発売されました。その後、2004年に味の変更を行っており、変更直後は「キリン・新・一番搾り生ビール」とも呼びました。

缶の表と裏に「一番搾り」と「新・一番搾り」というパッケージになっているのはそういう意味があったんですね。

キリン・新・一番搾り生ビール

 

キリン一番搾りのCM

「おいしい日本」篇

 
「自分だけのビールー♪」って歌詞が良いですね。

 

鈴木亮平さんのCM

 
メチャクチャ美味しそう!そばには絶対合うでしょーー。
 
 
満島ひかりさんのCM
 

 

キリン一番搾りのレビュー

キリン一番搾りのレビュー

 

パッケージ:★★★☆☆

見ると安心する見慣れたパッケージ。キリンが駆けていますね。

 

泡立ち:★★★☆☆

いたって普通かなと思います。キメ細かくないですが、消えにくい泡です。

 

のど越し:★★★★☆

グッと飲めて爽快な味わい。乾いた喉に沁みる感じが良いです。

 

キレ:★★★☆☆

麦の味が鋭く舌に反応し、一瞬でスッと喉にとおります。

 

酸味:★☆☆☆☆

酸味は特に感じません。

 

苦味:★★☆☆☆

後味に若干苦みを感じます。
けれど、これが一番搾りの美味しいところ。

麦の味が後味として残って、それが若干の苦みとして味わえます。

 

甘味:★★☆☆☆

甘さを感じたことはなかったのですが、今回、じっくり味わって飲むと、飲んだ後にほんのり甘みを感じました。

舌に若干残るんですね。苦味が去った後に甘味がフワッとくる。
苦味と甘みを同時に味わえる不思議な感覚です。

 

コク:★★★☆☆

麦の風味が強力で、飲んだ瞬間から後味までズーっと味わえます。
この味は、一番搾り以外では味わえない特別な味です。

是非、一度お試しあれ。

 

まとめ

ビールレビュー第三弾は、「キリン一番搾り」でした。

キリン一番搾りって、僕の中ではお祭りなどの出店で売られているイメージなんですよね。
透明なプラスチックのコップに、500円くらい支払うと生ビールを注いでくれる。

物凄く美味しいんですよね。

飲むと夏の記憶が思い出されるビールです。

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife