【入門】PHPの基本構文について理解しよう

【入門】PHPの基本構文について理解しよう
この記事は約4分で読めます。

どうもタスです。

今回はPHPの基本的な構文についてお伝えしたいと思います。

PHPってどうやって書き始めるの?コメントは?など初歩的な部分の説明が今回の主題になります。

PHPを書き始めるならPHPブロックを宣言しよう

【入門】PHPの基本構文について理解しよう

何はともあれ、まずはPHPを書き始めましょう。

PHPを書き始める場合は、PHPブロックを記述します。

PHPブロックとは、開始タグ「<?PHP」と終了タグ「?>」で囲まれた部分のことをいい、このタグの中にPHPプログラムを記述することでPHPの処理だとみなされます。

例として、以下のプログラムにアクセスすると、ちゃんと「PHPを書き始めるよ!」と表示されます。

なお、PHPファイルにHTMLなど他言語を記述せず、PHPオンリーのファイルであれば通常、終了タグは省略することが推奨されています。

 

コメントを記述して可読性の高いプログラムにしよう

【入門】PHPの基本構文について理解しよう

コメントは、文字のとおりプログラムの説明など補足内容を記述する際に使用する文法です。

コメントは出力文字としてブラウザに表示されません。

例として、以下のプログラムにアクセスすると、先程と同様、「PHPを書き始めるよ!」とのみ表示されます。

上記のとおり、コメントは2種類の書き方があります。

 

一行コメント

コメントの前に特殊な記号を記述する方法で、これは改行を含まない一行のみでコメント記述する方法です。

  1. 「//」スラッシュを続けて2つ記述し、それ以降にコメント内容を記述する。
  2. 「#」ハッシュ記号以降にコメント内容を記述する。

上記例の2~3行目の記述に相当します。

 

ブロックコメント

ブロックコメントは、複数行に渡ってコメントを記述する際に使用します。

ブロックコメントは、「/*」で始まり「*/」で終わり、始まりと終わりの間にコメント内容を記述します。

そのため、一行で終わろうが複数行で終わろうが構わない構文になります。

以上はコメントの構文説明ですが、コメントは分かりやすい内容を記述することが最も基本的で重要なポイントです。

 

echoやprintを使用して文字列を出力しよう

【入門】PHPの基本構文について理解しよう

PHPには文字列を出力する機能として「echo」や「print」があります。

Webでの出力はブラウザに、コマンドラインでの出力は標準出力に行われます。

例えば、echoの構文は以下の形式になります。

そして、printの構文は以下の形式です。

ひとまず、出力さえ知っていれば、まずはPHPで遊ぶことができると思います。

なお、以下のようにHTMLを出力することも可能です。

 

var_dumpを使用してデバッグ出力してみよう

【入門】PHPの基本構文について理解しよう

デバッグ時にechoやprintで変数値等を文字列出力することができますが、デバッグに特化した関数として「var_dump」があります。

これは、変数に関する情報をダンプします。

変数をダンプするということは、変数情報をありのまま出力するということです。

詳しくは以下の出力内容を比較してみましょう。

3行目はechoにより文字列を出力していますが、4行目のvar_dumpは変数の型や文字数(カッコ内の数字)まで出力します。

より正確な情報を知る場合は、var_dumpを使用することをおススメします。

なお、var_dumpの構文は以下のとおりです。

この場合の「mixed」は様々な方に対応するという意味です(関数によってある程度決まっているものもあります)。

 

まとめ

今回は、PHPを書き始める際の基本構文をお伝えしました。

まずはPHPを使用してブラウザに文字列を出力してみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

小さなかことから始めてみましょう!

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


タスlife