【PHPマニュアル】printの説明と使い方

【PHPマニュアル】printの説明と使い方
この記事は約2分で読めます。

どうもタスです。

今回は、PHPのprintについての説明と使い方をお伝えします。

echoと同様、とても基本的な文字列出力の手法なので本記事でマスターしてください!

 

概要説明

【PHPマニュアル】説明と使い方

文字列を出力する

 

構文説明

【PHPマニュアル】説明と使い方

〈引数〉string $arg:出力したい文字列

〈返り値〉1(必ず1を返す)

 

詳細説明

【PHPマニュアル】説明と使い方

printは指定した文字列を出力します。

echoとの違いは、printは引数を1つしか指定できない点です。

 

printもechoと同様に言語構造のため、括弧は不要です(括っても出力可能です)。

ただし、echoとは違いprintは式として評価可能です。

よって、以下のように記述することができます。

上記の結果、以下のとおり表示されます。

TasuLife
1
5  // printは必ず1を返すので、全て加算すると5になる。

なお、上記をprintではなくechoで組むと、「Parse error」になります。

 

コーディング例

【PHPマニュアル】説明と使い方

以下がprintのコーディング例になります。

 

上記の出力結果は以下のとおりとなります。

printで文字列を出力するよ。

printで変数の文字列を出力するよ。

my blog name is TasuLife

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ

TasuLife’s Blog

2019年10月18日

 

その他参考記事

文字列の出力は「echo」も使えます。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA