【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

どうもタスです。

プログラムは、変数に代入する数値や文字列などのリテラルを分類する「型」というものを使用します。

PHPは動的型付け言語のため、変数を使用する際に明示的に型を宣言する必要はないですが、全ての変数は型を持っていて、内部的には明確に分類されています。

そこで今回は、型のうちの一つである「string型」について応用的な使い方について説明します。

 

「string型」の基本的な構文についての説明は以下をご覧ください。

 

「boolean」型もしくは「integer」型についての説明は以下の記事を参考にしてください。

 

「float」型もしくは「double」型についての説明は以下の記事を参考にしてください。

 



PHPの10種類の基本型

【PHPの型】float及びdoubleの説明と使い方

PHPは、10種類の基本型をサポートしており、以下のとおりになります。

4種類のスカラー型

  • 論理値:boolean
  • 整数:integer
  • 浮動小数点数:float, double
  • 文字列:string

4種類の複合型

  • 配列:array
  • オブジェクト:object
  • callable
  • iterable

2種類の特別な型

  • リソース:resource
  • ヌル:NULL

上記の中で、今回は「文字列:string」に焦点を当てています。

 

波括弧を用いた文字列内での変数の展開

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

二重引用符でもお伝えしたとおり、文字列中に変数を展開させることは可能です。

例えば、

のように変数が展開されます。

ただし、上記は変数の後に半角スペースを挿入しています。

なぜかと言うと、$(ドルマーク)以降、どこまでが変数を指しているのか分からないためです。

よって、変数に続いて文字列を記述する際は{}(波括弧)で括るようにしましょう。

 

文字列内で展開可能な様々な変数

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

展開可能な変数は、スカラー型だけではありません。

以下のとおり、複合型である配列やオブジェクトも展開可能です。

例えば配列の場合は以下のとおりとなります。

また、オブジェクトは以下のとおりです。

 

文字列への文字単位のアクセスと修正

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

「$str[10]」のように、角括弧を使用してゼロから始まるオフセットを指定することで、文字列内の任意の文字にアクセス及び修正することが可能です。

つまり、文字列を文字の配列として扱えるということです。

複数の文字を取得したり修正する場合は、別途、関数を使用して行います(substr(), substr_replace())。

オフセットへの指定はPHP7.1.0以降から負数も指定可能になりました。負数を指定することで、文字列の末尾からのオフセットを表します。

なお、以前のバージョンではエラーになります。

 

文字列の結合演算子

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

文字列は、「.」(ドット)結合演算子及び結合代入演算子「.=」により文字列結合することが可能です。

使い方は以下のとおりです。

 

文字列への変換

【PHPの型】stringの説明と使い方 応用編

文字列へのキャストは、(string)やstrval()関数を使って変換することができます。

その際に、booleanのTRUEは「1」に、FALSEは空文字列に変換され、NULLは常に空文字列に変換されます。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


タスlife