【産後必見】産後に行う役所の手続きをまとめた!

産後に行う役所の手続きをまとめた!

どうもタスです。

最近、私の周りでは有難いことに妊娠&出産が相次いでいます。

第二子ならまだしも、第一子(初めて)となると妊娠から出産まででも大変なのに、出産後に各種手続きを行わなければならないのは億劫ですよね。。。

特に、母体は出産の影響で絶対安静のため、その手続きを行うのは大体が旦那さんの役目になるかと思います。

そこで、今回はそんな煩雑な手続きを簡単に行っておもらうために、出産以降に行わなければならない各種手続きを横浜市を例にまとめました。

これを参考にして手続きをスムーズに、そして最小限の手間で行ってもらえれば幸いです。

 

出生届の提出と同じタイミングで可能な申請

産後に行う役所の手続きをまとめた!

出生届とは、赤ちゃんの戸籍を登録する手続きで、出産日から2週間以内に行わなければならない手続きです。

手続き必須な申請書類なので、この申請タイミングに一緒に申請可能なものも済ませましょう!

 

まずは出生届を提出しましょう

産後に行う役所の手続きをまとめた!

出産した病院にて、医師または助産師の証明のある「出生届」がもらえるので、それを住所地・本籍地・出生地のいずれかの役所に提出します。

提出地で最も良いのは住所地です。

なぜなら、以下の手続きも一緒に行えるからです。

ということで、以降は出生届を住所地の役所に提出したことを前提でお話しします。

 

出生届が届け出可能な人(届出人)は、生まれた赤ちゃんの母親か父親です。

必要なものは、出生届、母子健康手帳、届出人の印鑑です。

今回の手続きに必要な印鑑は朱肉が必要な印鑑です。シャチハタ等は止めましょう。

 

手続きは、戸籍課窓口で行ってください。

 

赤ちゃんの名前も記載された住民票が必要な場合

産後に行う役所の手続きをまとめた!

出生届を提出するのと同時に、担当者に告げましょう。

住民票と出生届では担当窓口が異なりますが、親切に対応してくれます。

必要なものは、身元確認資料(運転免許証等)、印鑑、手数料(1枚300円)です。

 

健康保険に加入しましょう

産後に行う役所の手続きをまとめた!

母親、もしくは父親の健康保険に赤ちゃんを加入させる場合は、勤務先等で別途手続きが必要になります。

しかし、国民健康保険に加入している人(自営業者等)は、役所にて加入手続きが必要になります。

必要なものは、扶養する方(母親、もしくは父親)の国民健康保険証、母子健康手帳、印鑑です。

 

手続きは、保険年金課窓口で行ってください。

 

児童手当の申請をしましょう

産後に行う役所の手続きをまとめた!

子供の人数や年齢に応じて月々給付される児童手当、申請月の翌月から支給されるため、早速申請しましょう。

郵送でも申請可能ですが、出生届を提出するタイミングが最もベストです。

必要なものは、申請者の健康保険証(コピーを取ってもらいます)、身元確認資料(運転免許証等)、印鑑です。

 

手続きは、こども家庭支援課窓口で行ってください。

 

出生連絡票を提出しましょう

産後に行う役所の手続きをまとめた!

出生連絡票とは、提出することにより生後4か月までに保健師・助産師が自宅に伺い、赤ちゃんの体重測定をしたり子育てに関する相談を受け付ける「こんにちは赤ちゃん事業」が受けられます。

原則提出のため、このタイミングで提出してしまいましょう。

なお、出生届とは異なります。

必要なもの、出生連絡票です。

出生連絡票は、母子健康手帳についているハガキですので、必要事項を記入して提出しましょう。

 

手続きは、児童手当と同様、こども家庭支援課窓口で行ってください。

なお、保育園や幼稚園の相談なども「こども家庭支援課窓口」で行えます。

親切に対応してくれるので、疑問や不安に思うことがあれば相談してみましょう。

 

出生届の提出と異なるタイミングで可能な申請

産後に行う役所の手続きをまとめた!

出生届は、出産から2週間以内という期間に制限があるため、各種申請に必要な書類の取得に時間がかかる場合は出生届と同じタイミングで申請ができません。

その場合は、必要書類が整った後に、再度申請しに行きましょう。

 

小児医療費助成の申請をしましょう

産後に行う役所の手続きをまとめた!

小児医療費助成とは、申請した子供が病気や怪我で病院に受診したときに、年齢に応じて保険医療の一部負担金を自治体が助成する制度です。

子供は風邪を引きやすく、病気にもなりがちなので、絶対申請しましょう。

で、この申請がなぜ出生届と異なるタイミングなのかというと、必要なものに子供の健康保険証があるからです。

なので、子供の健康保険証の交付手続きを産後早めにしておいて、出生届の提出期限である出産から2週間以内に交付されれば、もちろん出生届と同じタイミングで申請することが可能です。

必要なものは、赤ちゃんの健康保険証、印鑑です。

なお、郵送での申請も可能なようです。

その際は、申請書に必要事項を記入し、健康保険証のコピーを添えて郵送しましょう。

役所で受領後、医療証を郵便で送ってくれます。

 

手続きは、国民健康保険と同様、保険年金課窓口で行ってください。

 

手続き内容を簡単にまとめると

産後に行う役所の手続きをまとめた!

● 役所への手続きが必須のもの

出生届(戸籍課)、小児医療費助成申請(保険年金課)、児童手当(こども家庭支援課)、出生連絡票(こども家庭支援課)

 

● 母親、もしくは父親の職場への手続きか、役所への手続きが必要なもの

健康保険証(国民健康保険であれば役所で、それ以外であれば職場へ:保険年金課)

 

● 必要であれば取得するもの

住民票(赤ちゃんの名前入り:戸籍課)

 

役所を回る順序としては、「戸籍課→保険年金課→こども家庭支援課」が効率良いですね。

また、全ての手続きに必要なものは、「出生届、出生連絡票、母子健康手帳、印鑑、身元確認資料(運転免許証等)、健康保険証(親のと赤ちゃんのと)」なので、これさえ持っていけば、最悪は役所で案内を頼めばオッケーです。

 

まとめ

今回は、出産後の各種申請手続きについての内容や必要なもの、手続きの場所などをまとめました。

手続きが煩雑かと思いきや、スムーズに行えれば午前中をかからず終えることができます。

産後は両親ともに体力的にも精神的にも忙しくなるので、これらの手続きだけでも簡単に行っていただければと思います。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife