【読書メモ】新版 コンサル業界大研究[コンサルタント大辞典]

【読書メモ】新版 コンサル業界大研究[コンサルタント大辞典]
この記事は約9分で読めます。

どうもタスです。

私はコンサルティング業界へ転職することを希望している。ということで、業界のことを知る必要があると思い本書を手にした。

そこで今回は、読書習慣を始めて150冊目の本となった『新版 コンサル業界大研究(産学社)』を読了したのでお伝えする。

 

著者のご紹介(本書引用)

渡辺 秀和(わたなべ ひでかず)
コンコードエグゼクティブグループ 代表取締役CEO 一橋大学商学部卒。三和総合研究所(現:三菱UFJ リサーチ&コンサルティング)戦略コンサルティング部門へ新卒入社。同社最年少でプロジェクトリーダーに昇格し、多数の新規事業開発プロジェクトを手がける。
2008 年、コンコードエグゼクティブグループを設立。マッキンゼーやBCG などのコンサルティングファーム、投資銀行・PE ファンド、ベンチャー企業の経営幹部、起業家などへ1000 人を越えるビジネスリーダーのキャリアチェンジを支援。
東京大学で3・4年・大学院生を対象とする、キャリアデザインの授業「キャリア・マーケットデザイン」を立ち上げるなど、キャリア教育活動にも尽力している。近年は、コンコードベンチャーズを設立し、ソーシャルスタートアップ投資を行っている。
「日本ヘッドハンター大賞」コンサルティング部門 初代MVP 受賞。
著書 『ビジネスエリートへのキャリア戦略』(ダイヤモンド社)、『未来をつくるキャリアの授業』(日本経済新聞出版社)。

山越 理央(やまこし まさお)
コンサルティングファーム研究会 代表
東京大学公共政策大学院修了。プライスウォーターハウスクーパース( 現:PwC アドバイザリー) に新卒入社。大企業の事業再生業務を推進し、V 字回復に向けた経営改革のビジョンや再成長戦略、経営再建計画の策定を支援してきた。
現在は、国内最大規模のシンクタンクに籍を移し、戦略コンサルタントとして社会課題解決に向けた企業の経営ビジョンや経営戦略の策定、新規事業開発や事業開発組織の設計などを幅広く支援している。また、デザインファームや大学、官公庁との協業推進/ 共同研究のリーダーとして、企業の経営改革や事業開発にデザイン思考や感性、美意識を取り入れる新たなコンサルティングサービスや経営者/ 幹部向けの研修プラットフォームの開発を主導。
コンサルティング業界の現在を日本で最も広く深く知る専門家として、業界の現役コンサルタントや内定者で構成される「コンサルティングファーム研究会」を主宰。研究会では、コンサルティング業界の最新動向をリアルタイムで把握し、業界の未来に関する研究や情報発信を行っている。

 

目次

まえがき ── 進化するコンサルティング業界
Chapter1 コンサルティングファームとは
 1 コンサルティングとは何か?
 2 コンサルティングファームの機能とは何か
 3 日本におけるコンサルティング業界の歴史
 4 コンサルティング業界のこれから
 5 コンサルティングファームの類型
 6 コンサルティングファームの経営形態─パートナー制と株式公開
●プレミア対談1
「パートナー」というキャリア─その働き方と魅力とは — EYストラテジー・アンド・ コンサルティング 代表 近藤 聡氏
Chapter2 コンサルタントという仕事
 1 コンサルタントの仕事の面白さ
 2 コンサルタントの仕事の進め方
 3 コンサルタントのキャリアパスと年収水準
 4 プロジェクトはどのように進むか
 5 コンサルタントのワークスタイル
 6 コンサルタントの研修・育成
 7 コンサルタントの評価はどうなっている?
 8 ポストコンサルのキャリア論─コンサルタント卒業後のキャリアパスを知る
●プレミア対談2
人気上昇中、女性が輝く「コンサルキャリア」の魅力とは — マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー 堀井 摩耶氏、パートナー 山川 奈織美氏
Chapter3 コンサルティング業界のホット・トピックス
 1 SDGsや脱炭素化など、 社会課題解決に向けたコンサルティング
 2 デジタルトランスフォーメーションの牽引
 3 Withコロナ時代における 戦略再構築の支援
 4 オープンイノベーションの推進
●プレミアインタビュー
プライベート・エクイティ業界への参入と今後のビジョン — プロレド・パートナーズ 代表取締役 佐谷 進氏、専務取締役 山本 卓司氏
Chapter4 主要ファームの特徴と戦略
  1 アーサー・ディ・リトル
  2 アクセンチュア
  3 アビームコンサルティング
  4 EYストラテジー・アンド・ コンサルティング
  5 A・T・カーニー
  6 NTTデータ経営研究所
  7 クニエ
  8 経営共創基盤
  9 KPMGコンサルティング
 10 シグマクシス
 11 Takram
 12 デロイト トーマツ コンサルティング
 13 電通コンサルティング
 14 ドリームインキュベータ
 15 日本アイ・ビー・エム
 16 日本能率協会コンサルティング
 17 野村総合研究所
 18 博報堂コンサルティング
 19 PwCコンサルティング
 20 日立コンサルティング
 21 プロレド・パートナーズ
 22 ベイカレント・コンサルティング
 23 べイン・アンド・カンパニー
 24 ボストン コンサルティング グループ
 25 マッキンゼー・アンド・カンパニー
 26 三菱総合研究所
 27 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
 28 リヴァンプ
 29 リブ・コンサルティング
 30 ローランド・ベルガー
Chapter5 コンサルティングファームに入るには
 1 どうなっている?新卒採用プロセス
 2 中途採用プロセスの実際
 3 新卒コンサルタントの価値とは?
 4 コンサルティングファームが期待する人物像
 5 必読!選考突破に役立つおすすめ本
Chapter6 主要ファームの採用プロセス・トレーニング・配属方法一覧
 1 アーサ・ディ・リトル/2 アクセンチュア/3 アビームコンサルティング/4 EYストラテジー・アンド・コンサルティング
 5 A・T・カーニー/6 NTTデータ経営研究所/7 クニエ/8 経営共創基盤/9 KPMGコンサルティング
 10 シグマクシス/11 Takram/12 デロイト トーマツ コンサルティング/13 電通コンサルティング/14 ドリームインキュベータ
 15 日本アイ・ビー・エム/16 日本能率協会コンサルティング/17 野村総合研究所/18 博報堂コンサルティング/19 PwCコンサルティング(Strategy&)
 20 日立コンサルティング/21 プロレド・パートナーズ/22 ベイカレント・コンサルティング
 23 べイン・アンド・カンパニー/24 ボストン コンサルティング グループ/25 マッキンゼー・アンド・カンパニー/26 三菱総合研究所/27 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
 28 リヴァンプ/29 リブ・コンサルティング/30 ローランド・ベルガー
あとがき

 

コンサル業界・企業研究に関する良書

【読書メモ】新版 コンサル業界大研究[コンサルタント大辞典]

本書は、とある転職エージェントからご紹介いただいた。事実、この業界のことはあまり詳しくないため、活動するにも相手を知らなければ戦略も立てれなかったからである。

私は戦略系の志望ではないため、そこまで強烈に調査する必要は無いことは後から知るのだけれど、業界のことは知っておいて損はない。新卒者も業界・企業研究は必須なのと一緒である。

 

コンサルは「(英語の)相談する」から派生した言葉

【読書メモ】新版 コンサル業界大研究[コンサルタント大辞典]

目次を見て頂ければわかると思うけれど、本書はコンサルとは?コンサルタントとは?コンサルティングファームとは?について、丁寧に敷衍してくれる。コンサルは「相談する」から来ているとは知らなかった。

色々な本、特に元コンサルの方が著しているものなんかは、コンサルとは…、のような文が散見される。言葉は違えど、相談を聞く立場であるのがコンサルタントということなのである。

 

コンサルとITの関係、そして本書の特徴

【読書メモ】新版 コンサル業界大研究[コンサルタント大辞典]

私も活動して理解したのだが、今やコンサルはITが切っても切り離せない。なぜなら経営にITが切っても切り離せないソリューションだからである。

また、コンサルタントは課題へのアプローチを提案して終了。ではない。導入から実行、そして運用まで携わるプロジェクトが一般的になってきているというのである。まさに課題解決屋である。

本書はコンサルの解説から始まり、その歴史、展望、類型など多岐に渡って説明する。それにプラスして、コンサルティング業界において注目される以下の3つの変化について専門的な知見から書き下ろしたことを特徴としている。

上記のことは誇張しているわけでも何でもなく、私が見聞きした企業の全てで推していた。特に女性のキャリア、福利厚生、働き方改革はビジネスよりも推している感が否めない。

本書を読んだことでコンサルに関する基礎を得たと思う。知れば知るほど興味の湧く世界。知的好奇心が旺盛、チャレンジ精神旺盛、野心旺盛な方達がコンサル業界を目指す気持ちがとてもよく理解できる。ということで、コンサルティング業界に興味のある方は、先ずは本書から入ってみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA