【書評】ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100[努力はラクをするための工夫]

【書評】ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100[努力はラクをするための工夫]
この記事は約10分で読めます。

どうもタスです。

とっても重たい内容だった【書評】そして殺人者は野に放たれる[法治国家である日本の不条理]を著した日垣氏が仕事の鉄則100を書き下ろした本書は、老若男女問わず誰しもが参考になる必読の書です。

膨大な知識と抜け目や隙の無い雰囲気は、常にご自身の欠点等を補うためにラクを開拓していることから生まれたのだと実感できました。そこで今回は、読書習慣を始めて69冊目の本として「ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100(だいわ文庫)」を読了したのでお伝えします。

 

著者のご紹介

日垣 隆(ひがき たかし)
作家・ジャーナリスト。1958年長野県生まれ。大学卒業後、書店員、トラック配送員、TVレポーター、編集者など数々の職を経て、87年から執筆活動に入る。世界取材85ヵ国。『そして殺人者は野に放たれる』で新潮ドキュメント賞受賞。

 

目次

仕事の鉄則100ということで、今回は「新潮JP」サイト「ラクをしないと成果は出ない」目次より、全ての目次を拝借してきました。

はじめに
第1章 基本編
 1 ラクをして成果を上げるのが基本中の基本
 2 ゴールを必ずイメージしてから仕事に取りかかる
 3 自分にできないことをしている人を、素朴に尊敬する
 4 お金で自分の時間は買えない。他人の時間なら買える
 5 「ぜひ続編を」に即対応できるよう、素材は使い切らない
 6 外部の人に自分の仕事のおもしろさが伝わらなければ、それはつまらない証拠
 7 よくわからなかったら現場に行って考える
 8 気になったら、まず買う
 9 自分に対する相手の優先順位を上げてもらうことが仕事の基本
 10 全体像と個別の処方箋を混同しない
第2章 インプット編
 11 「つまらない」と思ったら、できるだけ早く撤退する
 12 情報収集にのめりこまない。情報とは「出合う」ものだからである
 13 立ち読みは書店でなく家の中でする
 14 若いうちはテーマなしで一日一冊、四〇代は一日で五冊
 15 興味がわいたことは講演やセミナーに出て、全体像と情報源を一気に押さえる
 16 書棚一本の本がたまったら、新しい分野を開拓できる
 17 ブログを世界中の井戸端会議における、「立ち聞き」として活用する
 18 ウソには必ず理由や背景がある。それを探るとインプットが効率的になる
 19 発行部数数千部のメルマガや専門誌や白書類にたくさん目を通す
 20 図書館に行けば行くほど「無駄遣い」になる
第3章 ネットワーク編
 21 いざという集まりには万難を排して参加する
 22 アイデアは他人の頭で揉んでもらう
 23 メールの未処理は「なし」の状態にして帰宅する
 24 会いたい人にはできるだけ向こうから望んで会ってもらうように仕向ける
 25 お願いした場合は「いつでも」と言う
 26 予測がつかなかったら、親しい友人と賭けをする
 27 人から薦められたものは、無理をしてでも即日取り入れる
 28 期待値を下げる
 29 自分の実力をマッピングしておく。身の丈を知ったうえで見栄を張る
 30 先輩の一言アドバイスには、とにかくまず従ってみる
第4章 撃退編
 31 締切日に納品しても、返信がないような会社とは仕事をしない
 32 依頼には即決で答える
 33 愉しめない喧嘩は避ける
 34 自爆しない
 35 NGな人には説明しない。NGな人とはモメない
 36 クレームは、成長に不可欠なもの(一割)と、無駄(九割)に分かれる
 37 できるだけ葬式には行かない努力を
 38 三日かかることは一日でやる
 39 「苦手なこと」は人の手を借りて解決する
 40 NG上司に煩わされない
第5章 独立編
 41 本当に「良いもの」は自分で売ってみる
 42 出された問題はすべてその場で解決の方向と、「いつまでに」を明確にする
 43 今の仕事を30年後にもやっているかを自問。もしNOなら続かない
 44 自分の仕事が黒字になっていなかったら、絶対に会社を辞めない
 45 商売道具への投資はケチらない
 46 最初から必ず黒字にする
 47 「この社と切れたら自分がアウト」という取引先は作らない
 48 「やりたいこと」を周囲に話しておく
 49 「好き」を安さの言い訳にしない
 50 独自の販売回路をもち、その売り上げは五年で二倍が最低ライン
第6章 継続編
 51 好きな仕事を増やすために、好きではない仕事を毎年二割ずつ削除する
 52 「なるほど」と思ったことは、二四時間以内に「やる」メドをつける
 53 過去を振り返らない
 54 「何をしないか」を明確にしてゆく
 55 常に確率を意識する
 56 一発屋でなく、人気(売り上げ)×継続の面積を広げていく
 57 貯金しなくても良いようなキャッシュフローを、常態化する
 58 問題を見つけたら、必ず即日解決の糸口を見つけておく
 59 継続させる小さな工夫を
 60 自由に生きるために健康を維持する
第7章 組織編
 61 今いるメンバーを前提にする。「上手くいかない」のを彼らのせいにしない
 62 会議や集会は、参加者全員が「待ち遠しい」仕掛けをつくる
 63 自分の「忘れグセ」を前提に、「忘れても、できる」仕組みをつくる
 64 共有する言葉の定義を明確にしないと、誤解が量産される
 65 コーチはするものではなく、優秀なコーチに短期間「つく」のが近道
 66 どれくらい時間がかかるかは先に訊く。ギャラも先に決めておく
 67 インセンティブを高める工夫だけで、成果が上がる場合は予想外に多い
 68 毎日仕事が終わったら、机の上と周辺を完全にリセットする
 69 「約束の優先順位」を見直すクセをもつ
 70 休暇中も仕事をしたほうが、のんびりできる
第8章 時間編
 71 会議は一企画につき二度だけで終える
 72 決裁は火曜日の午前一〇時半から、と決めておく
 73 探し物は一ヵ月で合計一時間以内に
 74 人を待たせない。待たされても怒らない
 75 「遅刻してしまった!」を先にイメージする
 76 よほどゆとりがない限り、正義に多大なエネルギーを注がない
 77 レファ本の常備は時間を節約する
 78 出欠を迷うイベントには行かない
 79 一万円札と名刺は三ヵ所に入れておく
 80 もう腕時計をしない
第9章 アウトプット編
 81 ノウハウはどんどん公開する
 82 「好き」をお金にしてゆく
 83 「本格的に勉強したい」分野の仕事を引き受ける
 84 アウトプットしないものはインプットしない
 85 数値目標とその根拠を明白にもつ
 86 同じネタで何度も稼がないように自戒する
 87 「新鮮でおもしろいこと」は三〇秒で説明する
 88 毎晩アルコールが欠かせない人は伸びない
 89 相手を飽きさせず一時間話せたらお金になる
 90 「必要でないこと」は極力やらない
第10章 生活技術編
 91 死以外の悲劇は、一〇年後に必ず人生の肥やしになる
 92 子どもができたら、「仕事で二〇年後にブレイクする」準備を始める
 93 昨日と違う今日、今月と違う来月、来年と違う再来年にする
 94 加齢とともに遊び時間を増やしてゆく
 95 最悪の事態を想定し、その兆候が出たら動く
 96 よほど親しい人以外にはプレゼントをしない
 97 ドタキャンは月に一度だけ、と決めておく
 98 旅行用の持ち物リストをつくっておく
 99 子ども部屋より書斎を優先するのが、家族のためになる
 100 大切な人は命がけで守る
おわりに
文庫本のためのあとがき

 

本書の目的は省エネを極めること

【書評】ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100[努力はラクをするための工夫]

文庫版を購入した方であれば、先ず「文庫本のためのあとがき」を読むべきでしょう。それは、著者の体験を例として、本書の言いたい事が書き表されているからです。面白おかしく(笑)

そこを頭に入れたうえで読み進めると、本質的なことが見えてきます。もちろん、順を追って1ページから読んでも大丈夫だし、本質も捉えることも可能ですが、言いたいことがとても凝縮されて書かれている点を強調したかったのです。

本書は、「ラク」をしないと「成果」はでないということで、逆をいうと「成果」を出すために「ラク」をしようということです。ただひっくり返しただけですが。ただ、ラクっていうのは、怠慢ではありません。「文庫本のためのあとがき」を読んでくれと言いつつ先に言ってしまいますが、『しなくても良い努力はするな』ということです。そう、無駄を省くことが成功への近道だと言っているんですね。省エネですね。

 

努力の本質とは

【書評】ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100[努力はラクをするための工夫]

23.では、以下のフレーズが出てきます。

努力とは、ラクにやるための工夫です。楽しくするのが理想で、汗水たらして苦労することではありません。

私の爺ちゃんの格言に「若い時の苦労は買ってでもせよ」というのがあるのですが、それも上記フレーズを現している言葉だと私自身は思っています。苦労というのは骨折りのことですけれど、それを辛いことと混同してはいけないと思っています。「急がば回れ」もそうですが、それは辛いこととは色が違いますよね。

別に、苦労をするなと言っている訳では無くて、「無駄な」ことをすることはないということです。上記のフレーズでも「楽しくするのが理想」という言葉がそれを物語っているのではないでしょうか。ひたすら無駄なことをやることほど辛いことはないですもんね。それに、苦労を知っているから、もっと楽しくするために『ラク』をするのです。まさにITの分野はその体現ですよね。

 

老若男女問わず活用できるルール

【書評】ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100[努力はラクをするための工夫]

著者はこの100を1時間で出したそうです。単純計算で、1つ1分かかっていないということです。そもそも、当時の状況的に生産性の向上について考えていたとかいうこともあり、全くのゼロから吐き出したわけではないにしろ、この圧倒的な成果を目の当たりにすると、常日頃からPDCA回されているのだなと感服しました。

私も読みながらタメになるなと思った項番を控えていたのですが、やたら多くなり過ぎて、要点の紹介どころか結局は全部読んでねって言った方が良いなという結論に達した次第です。それで全ての目次を書こうと思ったわけです。目次を見て頂けると分かるとおり、「ラク」をする対象は一般的にいう仕事だけに留まりません。自己研磨、趣味、処世術など、著者がフリーで活躍されているため、ほとんど全てにアンテナを張っていなければならないゆえにサラリーマンの仕事の範囲を超えた内容が詰まっているのでしょう。

少なくとも私のようにいずれ…なんて考えている人には、とても参考になるし、サラリーマンの現状でも、学生でも、主婦でも、老後でも老若男女問わず活用できるルールなのではないかと思います。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


タスlife