【読書メモ】過去問で鍛える地頭力[頭の体操に最適な一冊]

【読書メモ】過去問で鍛える地頭力[頭の体操に最適な一冊]
この記事は約6分で読めます。

どうもタスです。

問題解決をするにあたって、論理的に具体的に検討しなければ解決はできない。抽象的な回答を言ったところで「結局、どうしたらいいの?」と言われるのがオチだからである。本書はタイトルのとおり地頭力を鍛えるものである。

というのは表面的なことであって、内容は「フェルミ推定」「ケース問題」に関する問題と解説を著者が行っている。また、実際の外資系戦略コンサルタントもディスカッションに加わり、回答を導き出している説もあり見応えがある。

ということで、今回は、読書習慣を始めて153冊目の本となった『外資系コンサルの面接試験問題 過去問で鍛える地頭力(東洋経済新報社)』を読了したのでお伝えする。

 

著者のご紹介(本書引用)

大石 哲之(おおいし てつゆき)
株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、All About「コンサルティング業界で働く」ガイド。
1975年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。戦略グループのコンサルタントとして、全社戦略の立案、マーケティング、営業革新などのプロジェクトに携わる。就職支援のベンチャーの起業をへて、2004年株式会社ティンバーラインパートナーズを設立。コンサルタントへの転職ポータル「コンサルタントナビ」を運営するほか、新規事業創造領域のコンサルティングを強みとする。著書に『3分でわかる ロジカル・シンキングの基本』、『よくわかるコンサルティング業界』(いずれも日本実業出版社)、『地頭力が強くなる!』(中経出版)などがある。

 

目次

まえがき
PART1 フェルミ推定系問題
 Q1 日本の電球の市場規模はどのくらいでしょうか?
 Q2 シカゴにピアノ調律師は何人くらいいますか?
 Q3 日本に温泉旅館は何軒くらいありますか?
 Q4 日本全国では犬は何匹くらいいるでしょうか?
 Q5 羽田空港は1日に何人くらいの人が利用しているでしょうか?
 Q6 レインボーブリッジを通る車の量は1日何台くらいでしょうか?
 Q7 東京都内ではタクシーは何台あると考えられますか?
 Q8 エアバスA380の重さはどのくらいでしょうか?
 Q9 フィギュアスケートの観客にリンクの氷でカキ氷をつくって食べてもらおうという企画をしました。十分なカキ氷はつくれるでしょうか?
 Q10 文字どおりの赤道直下には何人くらいの人が住んでいるでしょうか?
PART2 ビジネスケース系問題
 Q11 ロンドンオリンピックで日本のメダル数を増やすにはどうすればいいでしょうか?
 Q12 羽田空港の利用者数を増やすにはどうすればいいでしょうか?
 Q13 おしぼり会社の社長からおしぼりの売上げを伸ばしたいと相談されました。どのようにするのがいいでしょうか?
 Q14 読売新聞の売上げを増やすためにはどうすればいいでしょうか?
 Q15 JR新宿駅の改札口に設置されているコインロッカーの売上げを増やすための方策を考えてください。
 Q16 ある地方にある水族館ではここ1年で客が25%も減ってしまいました。どのような原因が考えられるでしょうか? また対策も併せて考えてください。
 Q17 ある温泉地域の老舗旅館でこのところ宿泊客が減っています。どういう原因が考えられるか論理立てて整理をし、検証するために調べるべきことを簡単にリストアップしてください。
 Q18 アメリカンエキスプレスはカード会社間の熾烈な競争にさらされています。思いきって年会費を1円にするというのは、よいアイデアでしょうか?
 Q19 銀座で定食屋を開こうと考えている友人がいます。ビジネスをシミュレーションして収益予測をしてみてください。
 Q20 マンホールの蓋はなぜ丸いのでしょうか?
さらに学びたい方へ

 

戦略コンサルティング会社の面接で出題されるケース問題

【読書メモ】過去問で鍛える地頭力[頭の体操に最適な一冊]

フェルミ推定やケース問題などの言葉を聞いたことがあるだろうか?もし、聞いたことがない方でも本書で出題解説している問題の一つにある「シカゴにピアノ調律師は何人くらいいますか?」というのは聞いたことがあるだろう。

私も単語は聞いたことがあるような無いような感じだったが、問題は聞いたことがあった。特に外資系IT業界界隈の面接で出題されるような話を見たことがあるからである。

本書の「はじめに」の前段を掲載しよう。

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストンコンサルティンググループといった外資系の戦略コンサルティング会社では、「ケース面接」という方法を課して人材を採用しています。「ケース面接」では、決まった答えのない問いに対して、いかに論理的に、また多面的な見方で分析をして、示唆を述べることができるかが試されます。大勢の応募者のなかから、きわめて少数の「地頭のいい人」を採用するために課している面接が「ケース面接」です。

 

解法を学習し頭の運動をしよう

【読書メモ】過去問で鍛える地頭力[頭の体操に最適な一冊]

このケース面接が本書のPART2にあたる。こういった難問を面接中に解くのである。しかし、こういった日常で考えることの無いような問題について、何から手をつけて行ったらよいのだろうか?その答えの一つとして「」がある。

(フェルミすいてい、英: Fermi estimate)とは、実際に調査することが難しいような捉えどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することである。例えば「東京都内にあるマンホールの総数はいくらか?」「地球上に蟻は何匹いるか?」など、一見見当もつかないような量に関して推定する事、またはこの種の問題を指す。(–wikipedia–)

あるいくつかの推定論拠から結論を導き出すことをフェルミ推定という。この名前はエンリコ・フェルミという科学者から名づけられたものである。上記説明のとおり、冒頭で話題にした「シカゴにピアノ調律師は何人くらいいますか?」という問題もフェルミ推定である。

こういった類の問題は急に出題されて簡単に解けるものではない。どういう論理方法で解くのか、どういう値をターゲットにして、どういった情報が必要なのか。こういったことを本書で学習することで、解法は割と理解し易い構成かと思う。

頭の良くなるゲームをするより、本書を読んだ方が頭の運動には数倍良いのでは?とのことからおススメする想いである。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA