【書評】小6 算数・国語・理科・社会・英語 寝る前5分暗記ブック

【書評】小6 算数・国語・理科・社会・英語 寝る前5分暗記ブック
この記事は約6分で読めます。

どうもタスです。

小学生までの遡り学習の最終本として、主要5教科「算数・国語・理科・社会・英語」(私が小学生の頃は英語は学習しなかった)の学習本を読むことにした。今回ももちろんKindle Unlimitedの対象である。

ということで、今回は読書習慣を始めて46冊目の本として「小6 算数・国語・理科・社会・英語 寝る前5分暗記ブック(学研プラス)」を読了したのでお伝えする。

 

<小学校の学び直し>

<中学校の学び直し>

 

作成者のご紹介

発行人:土屋 徹
編集人:黒田 隆暁

 

目次

★英語
1. 町
2. 家族・家の中
3. 顔・体
4. 職業
5. 月
6. 国・曜日
★算数
1. 円の面積
2. 文字と式
3. 分数のかけ算
4. 分数のわり算
5. 対称な形
6. 比と比の値
7. 拡大図と縮図
8. 速さ
9. 立体の体積
10. 比例と反比例
11. 資料の調べ方
12. 場合の数
★理科
1. ものの燃え方と空気
2. 食べ物の消化と呼吸
3. 心臓と血液のはたらき
4. 植物と養分・光合成
5. 植物と水
6. 食べ物を通した生物どうしのつながり
7. 生物と空気のかかわり
8. 月の形の変化
9. 月と太陽の表面のようす
10. 地層のでき方
11. 火山のふん火による土地の変化
12. てこのはたらき
13. てこを利用した道具
14. てこのつり合いとうでのかたむき
15. 酸性やアルカリ性の水よう液
16. 金属をとかす水よう液
17. 気体がとけた水よう液
18. 電気をつくる・たくわえる
19. 電流による発熱
20. 人の生活と地球の環境
★社会
1. 縄文時代と弥生時代
2. 古墳と大和朝廷
3. 聖徳太子の政治と大化の改新
4. 奈良時代と平安時代
5. 武士の政治の始まり
6. 室町幕府と文化
7. 全国統一
8. 江戸幕府の成立と鎖国
9. 江戸の文化と学問
10. 江戸幕府の滅亡と明治維新
11. 自由民権運動と大日本帝国憲法
12. 条約改正と日清・日露戦争
13. 戦争中の日本
14. 戦後の日本の発展
15. 地方の政治と選挙のしくみ
16. 国会・内閣・裁判所のしくみと働き
17. 日本国憲法
18. 日本と関係の深い国々
19. 世界の平和と日本の役割
★国語
1. おぼえておきたい漢字①
2. おぼえておきたい漢字②
3. おぼえておきたい漢字③
4. おぼえておきたい漢字④
5. おぼえておきたい漢字⑤
6. 画数
7. 部首
8. 二字熟語の組み立て①
9. 二字熟語の組み立て②
10. 三字熟語の組み立て
11. 四字熟語の組み立て
12. 同じ音の漢字
13. 同じ訓の漢字/同じ読みの熟語
14. 文末表現
15. 敬語
16. 漢字の音と訓/複数の意味をもつ漢字
17. 文の組み立て①(主語・述語)
18. 文の組み立て②(修飾語)
19. 接続後

 

英語が習得科目であることに驚き

【書評】小6 算数・国語・理科・社会・英語 寝る前5分暗記ブック

まず最初に驚いたのが英語が習得科目として存在してることである。これにはオジサンもビックリした。今では小学生も英語を覚えるのかと。確かに小さな頃から英語を学習することで発話は向上することは知っているが、何も国語が未熟な段階から英語を学ばなくても良いのではと一抹の不安を抱いてしまった。

とはいえ、日本語が亡びるときでも世界の普遍語として英語を習得することは叡智を求める人のスタンダードであるし、今後はより一層、知らないよりかは知っている方が断然有利であることは言うまでもない。

 

学習のキッカケ作りに読むことをおススメ

【書評】小6 算数・国語・理科・社会・英語 寝る前5分暗記ブック

本書を見てすぐに思ったことは、1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365の小学生版であることだ。そのため、ハードルは低くとても取っ付きやすい。本を読むのが不慣れな小学生でも一日一項の学習と考えれば読めないことはないと思う。

しかし、この形式であるからか内容はとても薄い。算数であれば読めばわかる算数1&2を読んでいれば本書の算数の章を読む必要はないし、理科であれば小学生の理科読んでいれば同じく理科の章を読む必要はない。あくまで大事な部分を端的に説明(しかも語呂もある)しているので、詳細を知りたければ別途学習する必要がある。

そういう意味で一科目を一冊に凝縮している本を読了した人には物足りないであろう。しかし、そういう本を読んだことがない人にとって、本書は詳細な内容に入るためのキッカケになることは間違いない。私は小学生の時に社会が大の苦手であったが、本書はそういう意味で気軽に学べ、且つ詳細を自ら調べるキッカケとして楽しめた。

唯一残念だったのは、社会科目の本を1冊読みたかったのだが、Kindle Unlimitedには無かったのが残念である。本書を読んで小学生の社会科目の雰囲気を学べたのは幸いであった。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA