【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]

【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]
この記事は約4分で読めます。

どうもタスです。

こんなにエッセイしたエッセイを手に取ったのは久し振りだ。本書は、早稲田にある古書店「古書現世」の店主である著者が書き下ろしたエッセイである。

著者の見た目からは思いもよらない文章タッチが読者を襲う(失言…)。その文章タッチが中毒性を増し、読書中に休憩することが難しい。私も時間が許すなら一息に読み切りたかった。

そこで今回は、読書習慣を始めて83冊目の本として『早稲田古本屋日録(右文書院)』を読了したのでお伝えする。

 

著者のご紹介(本書引用)

向井 透史(むかい とうし)
昭和47年(1972年)、早稲田に生まれる。堀越学園高校を卒業後、早稲田の古書店「古書現世」の二代目となる。毎日の古本屋生活を綴るブログ日記「古書現世店番日記」を公開中。

 

目次

Ⅰ 日々の帳場から
 大雪の夜
 年をまたぐ頃の出来事たち
 海を越えて
 空き地の目
 ある古書目録
 古本長者
 雨の日に
 ノラ物語
 午後の境界線
 書物の記憶
 休業中
 ひまわり
 ヒデさん
 上京
 秘密
 月影
 ほこり舞う街角
 睡魔
 貧乏談義
 紙魚の居どころ
 秋のかほり
 真夜中に、ひとり
 そこにあるだけの日
Ⅱ 早稲田古本屋日録
 六月
 七月
 八月
 九月
 早稲田青空古本祭
あとがき

 

本書を読んだら草っぱらへ瞬間移動

【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]

「すぐに稼げる文章術」の第7章で紹介された「文章で稼ぐための必読33冊」を上から読破していこうと、最初の5冊を購入。インターネットで購入したので、早い者勝ちで先に届いた本を読むと決め、手に取った本が本書である。

私には、どうもタイトルから面白みを感じなかった。それに表紙の猫ちゃん。いったい、この本のどこにどういったパワーがあるのか。読了後に何を得られるのだろうか。最初は不安なスタートだった。

しかし、読み始めるとその思いとは裏腹に、物語はどれも興味深いものばかり。心が温まる、活力が出る、笑みがこぼれる、励ましたくなる、そして、自分に投影する。エピソードのどれもが面白く、瞬時に脳内再生されるものばかり。

読んでいて気持ちの良い文章は久し振りだった。体はソファーの上にいても、脳内では、草っぱらで寝ころびながら読んでいる。もちろん、天候は快晴だ。半袖のTシャツにジーンズ姿に程よい気温で、風が涼しく、まだ時間も昼を回っていない。昼まで読んだら、ご飯でも食べに行こうか。って考えている自分がいる。

 

詩的センスと独特のタッチを堪能する

【書評】早稲田古本屋日録[古書店の香りのする本]

本書は、前半部分のエッセイと、後半部分の日記に大きく分かれている。前半部分は、古書現世の古書目録「逍遥」の裏表紙に書いたもの。後半部分の日記は、著者のご紹介に書いたブログに書き溜めたものだそうだ。

本書最初のエッセイ、「大雪の夜」はなんと19歳のときに書いたものだというから驚きだ。ともすると、この独特のタッチは磨いて得たものではなく、元から携えていたものなのだろうか。詩的センスを羨む文章ばかりである。

私は古本屋さんに入ったことはあるが、巡ったことはない。ましてや、古本市に行ったこともない。本書を読んで、とても惹かれた。本に。というよりは、その空間、空気、雰囲気。私も本の声を聴いてみたいと思った。

本には、種々の人生が記憶されている。私が持っている古本もご多分に漏れずであるが、その記憶の中に私との付き合いも追記されるのだ。本書も古本である。前オーナーも私と同じように感慨を覚えたのだろうかと思うと、なぜか嬉しく思う。

さいごに。是非、別紙栞も読んでほしい。栞には本書を読んだ5人の文章が寄せられている。どれも面白い文章だ。感じ方、表現、想い、三者三様なのが面白さを助長する。溢れ出る面白さが本書だけに留まらないことからも、とてもお得な本であることは言うまでもない。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA