【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

どうもタスです。

これまで、2018年GWの北海道満喫旅行についての報告として、

の記事を書いてきました。

そして、今回は第4回として、札幌の大通公園の近くにあるクラフトビールのお店、「月と太陽 BREWING」に行ってきたので、そのお話をしたいと思います。

 

クラフトビールとは?

【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

ビール離れが叫ばれて久しいですが、そんなことはお構いなしに、クラフトビール人気も結構スゴイですよね。

キリンビールもクラフトビールを発売していますし。

 

クラフトビールの定義

それはそうと、クラフトビールって何ぞや?

ということで、調べてみると、、、

英語で「職人技のビール」、「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語では、英語の発音に近づけてクラフトビアと呼ばれることもある。 – Wikipedia

だそうです。

知らなかったのかよ!って感じですが、知っていたような、知らなかったような…、、、

美味しいし、たくさん色々な味を堪能できるので、良いな―――――クラフトビール!

っというくらいで、知識はあまりありません。。

 

クラフトビールの詳しい説明

詳しくは、以下の記事に書いてあるので、興味のある方は見てみて下さい。

「地ビール」と「クラフトビール」の違いと定義(クラフトビールとは) - Brewing ...
「クラフトビール(craft beer)って何?」って誰かに急に訊(き)かれてもなんだかよく分からいですよね。「地ビール」とどこが違うの?って新たな疑問が湧いてきます。 日本では、地ビールもクラフトビールもどちらも「小規模醸造」という意味では同じカテゴリーに入...
 Brewing Japan!! 

 

月と太陽 BREWINGを紹介します!

【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

と前置きが長くなりましたが、ハイジ牧場に行った日の夜、義兄とススキノに飲みに行ってきました!

ハイジ牧場に行って、体力は底を付きそうだったのですが、飲みに行くとあってウキウキで意外や足取りは軽い(笑)

 

「月と太陽 BREWING」はクラフトビールのお店

2軒目にどこ行こうかということで、何店舗か選択肢があったのですが、すぐさまクラフトビールのお店をチョイスして向かいました。

先程も言いましたが、クラフトビールって、ほんと色々沢山の種類のビールが飲めて、それぞれに違いがあって美味しいし、面白いし、楽しいしで、僕は大好きなんですよね。

 

行ったのは5/3(木)で、連休初日だったこともあり、すごく混んでいました。

だけれど、運良く、若干待った程度ですぐには入れましたね。

 

お店の雰囲気

HPの下部に店内の写真がありますが、

 

入り口から入ってすぐ右側に立ちのボックステーブルがいくつかあって、左側はカウンターになっていて、10席ないくらいの席数です。

通路を進んでいくと、座りのテーブル席が5席ほどあって、ゆったり広々と座れるような印象でした。

 

後から知ったのですが、全席禁煙なので、タバコの臭いが苦手な人には良いですね。

僕はタバコを止めたので吸わないのですが、外に灰皿はあるようなので、喫煙者でも安心ですね(禁煙ブームで肩身狭いですよね。。)。

 

クラフトビールのメニュー

【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

クラフトビールの種類は、①~⑩の全部で10種類があって、①が最も飲みやすいフルーティーなビールで、②、③と丸数字が上がって行くに連れてコクや苦み、モルトが強くなっていきます。

なお、ビールの種類はその日によって変わるようですよ!

 

今回は、「5 TASTING SET (150ml × 5)」を2つ注文しました。

ということで、全種類テイスティングしました(笑)

いやー、メニュー見るのも楽しかったですし、待ってる間もワクワクで物凄い楽しめましたね。

 

注文したクラフトビールがキターー!

【美味】札幌のクラフトビール「月と太陽ブルーイング」に行ったよ!

えぇ…、ややこしいのですが、写真のとおり、上の左→上の右、下の左→下の右の順で説明すると、

 

  • 上の一番左:① 陽は登りまた繰り返す
  • 上の左から二番目:④ はとぽっぽエール
  • 上の左から三番目:⑤ うららかに
  • 上の左から四番目:⑥ 金鬼ペールエール
  • 上の左から五番目:⑨ Dorado Double IPA
  • 下の一番左:② 煙霞の憧憬
  • 下の左から二番目:③ Public Garden
  • 下の左から三番目:⑦ 空知ヴァイツェン
  • 下の左から四番目:⑧ レッドローズアンバーエール
  • 上の左から五番目:⑩ モカポーター

 

上が僕が注文した並びで、下が義兄ということでしたが、①→⑩の並びにすれば良かったと後悔。。

もう酔っていたし、早く味わいたかったので、それどころではなかったですね。。(笑)

 

ビールを堪能した感想

最も飲みやすかったのは…

①の「陽は登りまた繰り返す」ですね。フルーティーで軽い味わいなので、ビールが苦手な人でも飲めると思います。

カクテルっぽささえ感じるようなビールでした。

 

僕が好きだなと感じたのは…

『全部』って言いたいところですけど、敢えて言うなら、⑩の「モカポーター」ですね。

黒ビールのようなコクがあってとっても美味しかったのと、色々なビールを飲んだ後に飲むと、アクセントが効くというか、これを飲んで落ち着けるというか。

どれを飲んでも美味しいので、義兄の分もお構いなしにゴクゴク飲んでたら、だいぶ回ってしまって、レポートするどころではなくなっていました。。

 

ただ、②の「煙霞の憧憬」は、ほんとスモークの味がして、これは不思議なビールでした。

是非、一度味わってみて下さい。

 

基本情報

  • 定休日:不定休(やってなかったらショック!)
  • 営業時間[月~木]:17:30~24:00(L.O 23:30)
  • 営業時間[日/祝日]:17:30~23:00(L.O 22:30){夏季は特別営業時間に切り替わります。長くなりますよ!}
  • 電話番号:011-218-5311、050-5571-9051(予約用)
  • カード:可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
  • 席:37席(相談次第で貸し切りもOKだそうです)
  • タバコ:完全禁煙(外灰皿あり)
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングは多数あり)
  • 予約:可

お酒を取り扱っているけれど、意外と子供も連れて行けそうだなと感じました。禁煙ですし、パスタとかメインディッシュもありますしね。

 

店員さん情報

ここは店員さんがとっても気が利く方ばかりで、そして優しく扱ってくれました。

最初は立ちのボックスだったのですが、カウンターが空いた途端、すぐ席を用意してくれて移動を促してくれました。

僕は立ちが好きなので全然OKでしたけど、カウンターって店員さんが近い分、その店の雰囲気を直に感じることができて、ビールの味わいもちょっと変わるんですよねー。

 

住所と地図

住所:北海道札幌市中央区南3条東1-3

 

まとめ

今回は、札幌のクラフトビールのお店「月と太陽 BREWING」を紹介しました。

クラフトビールって良いですねー。

以前行ったクラフトビールのお店も良かったなーと思い出したので、こっち(神奈川)でもお店を開拓しようかなーって思っています。

札幌にお出かけの際は、是非立ち寄ってみて下さい!

 

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife