僕がブログ運営に有料サーバーを選んだ理由

無料/有料のサーバーはどちらがいいか

ブログを運営するために最低限必要なのものの一つにサーバーがあります。
サーバーは、一般的にレンタルサーバーを利用することになりますが、レンタルサーバーには、無料と有料のサーバーがあります。
今回は、無料と有料の差はなにか?そして、僕はなぜ有料のレンタルサーバーを選んだのかについてお話ししたいと思います。

 

まずはブログを見る仕組みを理解しよう

 

我々は、ブラウザーというインターネット上のWEBページを表示し、閲覧するためのソフトウェアを利用して、ブログなどを見ています。
ブラウザーは、PCにもスマートフォンにも初めから備わっていますよね。

ブラウザー

 

じゃぁ、「タスLife」を見たいときに、ブラウザーはどのようにしてインターネット上から当サイトを探し出すのか。探し出した後、どのようにしてブラウザーに表示しているのかは、以下のとおりになります。

 

1. ブラウザーにサイトの情報を取得するよう指示する

まず、ブラウザーのアドレスバーに見に行きたいサイトのアドレスを入力します。
このアドレスは、インターネット上の住所を表しています。よって、この作業は、この住所を訪ねて、僕が見たいサイトの情報を取ってきてください。ってブラウザーに指示していることになります。

ブラウザーのアドレスバー

 

2. ブラウザーがサイトの情報を取得してくる

1.の作業を行うことで、ブラウザーはインターネット上から、1.で入力されたアドレスを訪ねて、サイトの情報を取得してきます。

 

3. 取得してきた情報を我々に見やすいようにブラウザーが変換してくれる

取得してきた情報の内容は、HTMLやCSSなどそのまま見ても「何が何やら分からない…」という英単語みたいな言葉が羅列した状態になっています。

htmlをエディタで開いた様子

この英単語みたいな言葉を解釈し、それを表示するのがブラウザーの役目なのです。

 

上記の1.で、どこどこの住所からサイトの情報を持ってくる。にあるように、サイトの情報をインターネット上に公開するということは、誰かが取りに来た際に、いつでもお渡しできるように適当な住所にサイト情報を保管しておかなければなりません。

この保管場所のことをサーバーと言います。
サーバーにサイトデータや画像などを入れておくことで、見たい人が情報を取って持ち帰り、ブラウザーで見てくれます。

サーバーは、自前で用意することは可能ですが、お金はかかりますし、運用するための深い知識も必要になるため、かなり大変です。
そのため、そういったことを勉強する目的がなければ、自前で用意する必要はなく、そのような人はレンタルサーバーを利用するのが一般的です。

冒頭にも述べたように、レンタルサーバーには、無料で利用できるサーバーと、有料で利用できるサーバーがあります。
それぞれメリット/デメリットを理解して、自分のサイトの運営方針に合ったサーバーを利用しましょう。

 

無料/有料サーバーの比較

〔無料サーバーのメリット〕

料金が無料

その言葉どおり、運用費用がゼロです。そのため、初心者は安心して利用できます。
軽い気持ちで運用開始することができますが、その反面、途中で止めてしまうことが懸念されます。

 

〔無料サーバーのデメリット〕

サーバー会社の独自広告が自動的に表示される

サイト運営者の意思に関係なく、サーバー会社の広告が表示されます。それも、結構良い位置に表示されてしまいます。そのため、自分がそこに広告を表示することはできず、レイアウト構成も限定されます。
また、一定期間更新がない場合に表示される広告もあります。

 

制約が多い

商用利用ができない、または、独自ドメインやMySQLを使用できない会社もある。データベースやPHPが使用できなければ、WordPressは使用できません。
当サイトは、WordPressを使用しているため、この制約により運用できないことになります。

 

ある日、突然閉鎖する可能性がある

サーバー会社が倒産すると、サーバー管理も終了になるため、自動的にサイトは閉鎖されます。サイト情報をバックアップしていなければ、今まで積み上げてきたものが使えなくなります。
無料ブログを使用する際は、信頼性のある会社を選ぶなど慎重を期することをおススメします。

 

データ転送量が少ないことが多く、アクセス増に耐えれない

目的のサイト情報を取って持ち帰る際のデータ量のことをデータ転送量と言いますが、それの最大量に制限がかかっていることが多いです。
よって、その最大量を超えると、最悪アカウント停止になることもあります。

 

〔有料サーバーのメリット〕

サーバー会社の広告が表示されることがない

自分の好きな場所に、好きな種類の広告を、好きなサイズと好きなタイミングで表示することが可能です。結局、自由ということです。
※無料サーバーでも有料プランに加入することで、広告を表示しないことも可能だが、それは有料サーバーと同類と判断しました。

 

カスタマイズ性が無限大

WordPressであれば、元々、サイトのテンプレートは「テーマ」という形で自分の好きなものを選べますが、それに加えて、HTMLやCSS、PHP等の知識を身につければ、細かなカスタマイズも可能です。

 

自分が辞めない限り、永続的に続けることが可能です。

たとえ、サーバー会社が潰れても、別のサーバー会社に乗り換えるだけで自分のサイトが存続できます。

 

〔有料サーバーのデメリット〕

お金がかかる

これはプランによりけりですが、無料ではありません。よって、お金を掛けたくなければ自動的に無料サーバーを選ばざるを得ないでしょう。

 

僕が有料サーバーを選んだ理由

本サイトは、有料サーバーであるロリポップのスタンダードプランを使用してブログ運営を行っております。それを踏まえて、なぜその決断をしたのかは以下のとおりです。

有料サーバー

 

有料金額は、大した価格ではない

有料サーバーを利用するプランは、基本的に月額で表示されています。僕の場合、月額500円なので、これは、言い換えると激安ランチですよ。毎月、500円の節約なんか我慢できないことはないですよね。
この要因は大きく、本腰入れて運用するのであれば、折角ならメリットが多い有料サーバーを利用しようとこの時点で決断できました。と、、、決断したので終わってしまいそうですが、その他、以下も要因の一つになりました。

 

ブログ運営に余裕が出てきたら、カスタマイズの勉強もしたい

ブログ運営に余裕が出てきたら、WordPressの中身を勉強して、ブログのデザインや使用性なども自分好みにカスタマイズし、さらにはそれを発信できればと思っています。

 

サーバー会社の広告が自動挿入されるのがイヤだ

広告の自動挿入を止めることも可能ですが、それは有料になるケースがほとんどのため、それであれば無料という一番のメリットが無意味になると判断しました。

 

無料サーバーは規制があることがネックになる場合が多い

無料サーバーも一部の会社では規制が緩和されてきた印象だけれど、有料サーバーに比べると使える機能に制限があるし、商用利用不可などの制約もまだある。
やりたいことが制約によりできないというのは歯がゆいですよね。

 

まとめ

今回は、有料/無料サーバーのメリット/デメリットを紹介するとともに、私が有料サーバーを選択した理由もお知らせしました。

どちらも一長一短があるため、必ずどちらが良いということは言えません。各自の運営方針に沿ったサーバーとプランを検討するしかないと思います。
ただし、検討するにしても、そこまで悩むこともないと思います。僕も悩みましたけど、結局、お金が大したかからないからっていう理由で有料サーバーに決めたわけですし。
最悪、選択した方がダメだとわかったなら、移管する手がないわけでもないですしね。

また、サーバーをレンタルすることなく、WEBページの運営のみをしたいのであれば、ブログやHPの作成に特化したWEBサービスを利用するのも手かもしれません。たとえば、JIMDOなど。

他にも同じようなサービスが沢山あるので、探してみると良いでしょう。

僕は、とりあえず当面はロリポップでブログ運用し、それに不憫を感じることがあれば、スペックを考慮して、プランもしくはサーバー会社を検討しようかと思っています。
サーバー検討の一助になればと思います。

スポンサーリンク


Pocket


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

タスlife